かに好きな私は、機会さえあれば1年中いつ

かに好きな私は、機会さえあれば1年中いつでも食べたいのですが、強いて言えばベストな季節は旬でもある寒い季節ですよね。ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、色々な食べ方でかにを楽しみます。でも通信販売でかにを買うといっても、ちょっと探しただけでもたくさんあり過ぎてどうしたらいいのか途方にくれてしまうのです。
生鮮食品であるかにはきちんとした方法で扱わなければ美味しさが格段に落ちてしまいますし、未だにぜいたく品の貫禄十分ですし、それなりのお値段もしますから、良心的なところでよい商品を購入できればいいですね。やっぱり、インターネットの口コミを出来るだけ見て全員が良い評価をしていればそのお店が安心して頼める良いお店だと判断できるわけです。毎年楽しみにしている蟹の季節がやってきました。無類の蟹好きである私は、美味しい蟹に巡り合うため、北海道に旅行するのが、もう十年来の習慣となっています。中でも気に入っているお店は、旧知の知り合いが経営する、函館市内の店舗です。ここは隠れた穴場ですよ。
他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々を味わいつくすことができます。
もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。今は、通販で多くの種類のかにが買えるものの、タラバガニは屈指の人気ですが、トラブルにならないようにしてください。
タラバガニに酷似したアブラガニという安いかにがいます。
ごまかされてもおかしくありません。
タラバガニと紛らわしい表示で、アブラガニを掴まされたトラブルも起きているので、他の食品と同じくよく知られたお店から買うのが無難です。
かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。
おいしく茹でるにはゆで汁に塩を入れると、身が締まり、下味がつきます。海水より濃くないくらいで、1%を超えない濃度とわかれば大丈夫です。
丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったら思い切って、甲羅と脚はお別れさせ鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。結構汚れもついているので、全体を洗っておくとみんなが気持ちよく食べられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です